自分で出来る緑内障の予防方法〜定期検査やセルフチェック〜

緑内障は、失明原因の一位になるほど怖い病気です。
しかも、40歳以上の日本人の20人に1人がかかるとも言われている病気なのです。
この恐ろしい緑内障を予防するにはどうすればいいのでしょう。

 

定期的に検査を受ける

緑内障は、高まった眼圧によって視神経が圧迫されて障害を起こし、脳への信号伝達がうまく出来なくなって見え方に異常が起こる病気です。
視神経は一度損傷すると二度と元に戻る事はありません。
ですから、早期発見が重要になるのですが、緑内障はなかなか気付きにくい病気なのです。
そのため、眼科での定期的な検査を行うことが最も確実な予防方法になります。
緑内障には眼圧が深くかかわってきますが、どれぐらいの眼圧で緑内障になるかは個人差があるため、眼圧検査だけでは分かりません。
眼底検査、視野検査なども行う必要があります。
40歳を過ぎたら緑内障ドックを受けるようにしましょう。

 

セルフチェックによる予防

眼科に定期的に行って緑内障ドックを受ける時間がない、という人は自分で緑内障のチェックを行いましょう。
このチェックは二人一組で行います。
まず、膝が触れ合うほどの距離で座り、自分の右目がチェックしてくれる人の右目とまっすぐ向き合うようにして、チェックを受ける人は片目を隠します。
相手の人は二人の目の中間ぐらいの位置で、片手の親指と人差し指を合わせたり離したりしながら半径20cmぐらいの大きさで動かします。
チェックを受ける人は、相手の目から視線を外さないようにしながらその動く指を見てください。
相手の指が見えないところがあれば、緑内障の恐れがありますから、すぐに眼科に行く必要があります。

 

生活習慣の改善

緑内障についてはまだ詳しことが分かっていないのですが、糖分や動物性脂肪の摂り過ぎやストレス、運動不足との関連性も疑われています。
また、糖尿病の合併症として緑内障が起こることもあります。
これらの事から、生活習慣の改善も緑内障の予防に役立つと考えられています。